防災グッズ、赤ちゃん用に入れておきたいのは抱っこひも

Sponsored Link

赤ちゃんの足

9月1日「防災の日」を前に、今日は赤ちゃん用の防災グッズがテーマです。

いつ降りかかってくるかわからない災害に備えて、赤ちゃんのためにオムツやミルク、ビニール袋などを用意している方は多いと思います。
絶対に必要なグッズに加えてぜひ用意しておいてほしい「抱っこひも」についてのお話です。

Sponsored Link


避難は徒歩が基本。抱っこひもは便利

赤ちゃんの足乳幼児を連れて避難するときは、以下の選択肢があります。

  • 徒歩(抱っこ又は手をつないで)
  • ベビーカーに乗せて

緊急時、原則NGなのがベビーカーの利用です。
赤ちゃんと荷物を乗せられ、避難所でのベッド代わりにもなるベビーカーは一見便利ですよね。
ですが、道路にがれきが散乱しているときや、人々がパニックになっているときは、自分にとっても人にとっても赤ちゃんにとっても危険なグッズになってしまいます。
人が多いと、ベビーカーが手を離れてしまい、赤ちゃんとはぐれてしまうことも。

ベビーカーが便利に使える場面も確かにありますが、基本は使わないと覚えておきましょう。

なので、避難は基本徒歩になります。
そんな時に活躍するのが抱っこひもやスリングです。
お子様がいる家庭は、抱っこひもを一つすぐ出せる場所に用意しておきましょう。

災害時に抱っこひもを使うメリット

あくびをする新生児災害時の抱っこひもの利用には以下のようなメリットがあります。

  • 母子が密着しているため、親子がはぐれることがない
  • 両手が開くため抱っこしている人が身軽に動ける
  • 赤ちゃんが安心する
  • 抱っこしている人が走ることができる
  • 赤ちゃんを寝かせる場所がなくても対応できる
  • 避難所で夜泣きしたときに便利
  • 必要なら前と後ろで二人運ぶことができる

どうですか?メリットがたくさんありますよね。

赤ちゃんはすぐに大きくなります。
いざというときにサイズが合わない!ということがないように、とにかく使用可能年齢・体重が広いものがお勧めです。

抱っこひもは幼児の避難にも役立ちます。
大きいお兄ちゃんお姉ちゃんは歩ける、と思われるかもしれませんが、災害時はパニックに陥ったり、物を踏んで怪我したり、自分の足で歩けなくなる可能性は十分に考えられます。
ある程度の年齢を超えても使えるものを選びましょう。

抱っこひもを用意したら…

兄弟のキス

災害用に抱っこひもを用意したらまずしてほしいのが「着脱の練習」です。
日常的に使うのであれば練習はそれほど必要ありませんが、災害時の備えとして置いておく場合は絶対に練習が必要です。

いざ災害が起きたとき、多くの方がパニックを起こします。
緊張やショック、不安などから焦り、手が震えて、頭も回らないかもしれません。

そんな時、慣れていない抱っこひもを使いこなすことなどまずできません。

サッと出してパッとつける!
赤ちゃんに負担がかからない範囲で、日頃から練習しておきましょう。

もう一つ忘れてはいけないのが、「定期的なサイズ調節」です。
赤ちゃんはいつの間にか成長しています。
いざというとき抱っこひもに入れようとしたら、入らない!なんてことがないとも限りません。
定期的に赤ちゃんや幼児の体に合わせたサイズ調節をしておくと、その心配がなくなります。

最後に

抱っこひもの購入を検討している方はぜひ、幼児期まで長く使えるものを選んでください。
有事にあって困るものではありません。

パパやママと赤ちゃんが一緒に安全に避難するために、避難持ち出し袋と一緒に、ぜひ抱っこひもを一つ備えておいてほしいものです。

Sponsored Link

コメントを残す