耳鳴りの原因と対策【他覚的耳鳴りの原因と病気】

Sponsored Link

電話をする女性

耳鳴り程うっとうしいものはありませんよね。

こんにちは、優です。

私も先日急な耳鳴りに悩まされました。
一度意識すると気になって気になって…運よく短期間で治りましたが本当に精神的にきつかったです。

今日取り上げるのは「他覚的耳鳴り」という種類の耳鳴り。

自分にしか聞こえない耳鳴りは「自覚的耳鳴り」、他人にも聞こえるものは「他覚的耳鳴り」といいます。
どのような原因で音が鳴るのか、病気との関連はあるのか?
そのあたりをまとめたので是非ご覧ください。

Sponsored Link


今読まれているのは他人にも聞こえる他覚的耳鳴りの記事です。
キーンという高音やブーンという低音の耳鳴りに悩まされている方はこちらのリンクから移動できます。

CHECK耳鳴りの原因と対策【高音でキーンと鳴る耳鳴りが続く】
CHECK耳鳴りの原因と対策【低音でブーンとなる耳鳴り】

他覚的耳鳴りの特徴

他覚的耳鳴りといっても、よほど大きな音でない限り、離れている人に聞こえるわけではありません(耳に耳をつけると聞こえることがあります)。
多くの場合は、医師が何らかの道具(聴診器やチューブ)を使って聞き取ります。

このタイプの耳鳴りをあらわすときにはパキパキ、ザッザッ、ピチピチ、バリッ、パッパッ、チッチッなどという擬音が使われることが多いようです。

音の種類だけで他覚的耳鳴りかどうか判断することはできません。
他人にも聞こえるかが診断のポイントです。

他覚的耳鳴りの原因

ヘッドフォンに溺れる

他覚的耳鳴りの原因を探るには以下の有無を考えます。

  1. クリック音か連続音か
  2. 自分の意思で鳴らすことができるかどうか
  3. 心拍と連動しているかどうか

1.クリック音か連続音か

チッチッやパチパチといったクリック音、鋭く短く繰り返すタイプの音は、筋肉が原因だと考えられます。
逆にザーやザッザッというような連続音、流れるような音は血管性の音の可能性が高くなります

筋肉が原因と考えられる方は(2)を、血管性と思われる方は(3)の項目を要確認。

2.自分の意思で鳴らすことができるかどうか

自分の意思で鳴らすことができるかどうかは、耳鳴りの原因を突き止める大きなポイントになります。
唾液を飲み込む、あくびをする、口を大きく開けるなど、自分の意思で鳴らすことができる場合は、その動作で使われる筋肉などに原因があることが想像できます。

自分で鳴らせる=自分で鳴らそうとした時しか鳴らない、というわけではありません。
絶えず鳴っていても、自分で自由に再現できるかどうかです。

自分の意思で鳴らせない場合は、筋肉のけいれん(瞼のピクピクやしゃっくりのようなもの)が原因かもしれません。
この場合は手術で治ることもあります。

3.心拍と連動しているかどうか

心拍と連動して聞こえる耳鳴りは、耳の近くを流れる血管内の音だと考えられます。
擬音ではザー、ザッザッなどとあらわされます。

耳鳴りの多くは命にかかわらないものですが、このタイプの耳鳴りは要注意だといわれます。
心拍と連動して聞こえる耳鳴りが、他人に聞こえるほど大きいときは、心臓やその他の血管に問題が起きている可能性が否定できません。

内科や専門医で血管に関する検査を受けることがすすめられます。

最後に

上記はあくまでも他覚的耳鳴りの原因を考えるための目安です。
気になる方は耳鼻科を受診しましょう。

多くの耳鳴りは、害のないものです(うっとうしいですが…)。
ただし、血管性の耳鳴りで音が大きいものは、命に直結することもあります。
少しでも気になるときは積極的に動いてください。

Sponsored Link

コメントを残す