足をつるのと肉離れの違い。受診の目安

Sponsored Link

ストレッチする外国人女性

足に起きる痛み、「足をつる」のと「肉離れ」。
異なるものだと知っていても、見分け方がわからない方は多いのではないでしょうか?

こんにちは、ライターの優です。
今日は、肉離れと有痛性筋痙攣(足をつった状態)の違いと見分け方についてまとめました。

Sponsored Link


有痛性筋痙攣と肉離れの違い

ストレッチする女性

足をつることは専門用語で、痛みを伴う筋肉のけいれんを意味する「有痛性筋痙攣」と呼ばれます。筋肉疲労や脱水、電解質不足などで、数秒~数分の間、筋肉が急激に収縮したまま固まったようになったものです。

一方、肉離れは、筋膜や筋繊維が傷ついたり、断裂したりすることを言い、筋肉の急激な収縮が原因です。筋肉が強く収縮しているときに、引っ張る力が加わることで起こります。

足をつったことによって肉離れが起きることもある

スニーカーを履いた足

肉離れは主に、瞬間的に強い力が加わった時に起こりますが、いわゆる「足をつった」ことも原因になります。

特に注意が必要なのは、足を強くつったとき。

強くつっているときは、それだけ筋肉の収縮が強いということです。それほど強い力を加えなくても、少し筋肉を伸ばしただけで肉離れにつながってしまう可能性があるので気を付けましょう。

肉離れと足のつりを見分けるのは困難

ストレッチする外国人女性

肉離れと足のつり、実はとても見分けにくいものです。軽度の肉離れは足をつった時の痛みと酷似していますし、重度の筋痙攣(足のつり)は肉離れかと思うほど強い痛みを引き起こします。

持続時間や内出血の有無は見分ける上での一つの目安になりますが、確実なものはありません。

見分け方以上に役立つのが、どのような症状がある時に、病院にかかるべきかという「受診の目安」です。知っておくといざというときにとても役立ちます。

筋痙攣や肉離れ、足の痛みで受診するべき目安

走る女性

足をつった、肉離れを起こした、どちらか確信が無くても、次のような症状がある時は、早めに整形外科を受診しましょう。

  • 痛みが1日以上続く
  • 怪我をしたときに千切れるような音がした
  • 一時的に治ったと思っても、何度も痛みが繰り返す
  • 歩けない、動かせないほど強い痛みがある
  • 筋肉にくぼみができている(筋断裂の印)
  • 痛む箇所がピンポイント

この中で一つでもあてはまるものがあれば即受診!

受診するのは基本的に整形外科が良いと思います。

足のつりは、糖尿病や腎臓病など内科的な病気が原因になっていることもありますが、まずは整形外科へかかり、必要に応じて内科や婦人科へ紹介してもらうのがおすすめです。

最後に

この痛みは、肉離れだろうか?足をつったのだろうか?違いがわからない時、病院へ行くのがためらわれるかもしれません。

ですが、気になる症状がある時はぜひ早めに受診してください

肉離れはもちろん医師の診断治療が必要ですし、軽く考えられがちな足のつりも、実は糖尿病などの重大な病気が原因になっていることもあります。

痛みが続くとき、痛みが繰り返すときは早めに相談するようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す